わたしたちの あやまち

September 7, 2017

 

 

 

三浦綾子の小説「天北原野」の舞台、樺太をこの夏訪れました。小説では、善良な男女の悲恋を縦軸に、戦争の罪を描いています。しかし、善良な男は自分の妻を深く傷つけ、悪人の男が子供を愛しています。

 どのような人も皆価値があるけれども、罪のある存在なのです。神の愛を知り、神の愛の恵みを受ける人生としたいです。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

October 14, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square